グルクンマスク
閑話休題・台湾話

毎回同じ様なお話だとつまらないかと思い、最近の出来事を。 DRAGON×DRAGON 2022で「双琉王」奪回ならず。 その傷心を引きずったまま、翌日から台湾に行ってきました。いやまあ最初から行くことは決まってたんですが […]

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年⑧

タイガーマスクになりたい少年の夢は膨らみます。 毎日毎日教室の隅で繰り広げられるプロレスごっこ。 土曜の学校では昨日のプロレス中継を熱く語り、 この続きをみるにはサブスク登録

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年⑦

マスクの話をもう少し。高校生になると自転車で行けるところ以外に行動範囲が広がります。マスク作りにも少し慣れた頃、家から電車に乗っていわゆるミナミ、難波のあたりにも行ける様になります。そうすると目当ての場所があるわけです。 […]

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年⑥

子供の頃プロレス関係の週刊誌は4誌ありました。 週刊プロレス。 週刊ゴング。 週刊ファイト。 そして この続きをみるにはサブスク登録

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年⑤

タイガーマスクが好きになると、タイガーマスクが欲しくなります。つまり覆面ですね。もともと特撮ヒーローが大好きだったので、その流れは至極当然だったかもしれません。 この続きをみるにはサブスク登録

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年④

タイガーマスクになりたい少年の夢はどんどん大きく膨らみました。当時、ステレオシステムやラジカセなど新し物好きだった父親が「ビデオデッキを買う(ベータ)」と言い出し、それならプロレスが録画できていくらでもみられるじゃないか […]

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年③

学校の体育の時間が好きでした。 跳び箱、マット運動が得意で。 体を動かすことが大好きだった、有体にいえば落ち着きのない少年でした。 この続きをみるにはサブスク登録

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年②

僕らが子供の頃は土曜日も学校があって、午前中の授業のみで終わり、所謂「半ドン」の生活パターンでした。 学校から家までは普通に歩いて15分くらい。 でも寄り道したり、道草したりで真っ直ぐ帰ることは少ないから家に着くのは1時 […]

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の少年①

8歳くらいの時に喘息を患いました。 この続きをみるにはサブスク登録

続きを読む
グルクンマスク
路地裏の中年

みなさんこんにちは。

続きを読む